育毛剤のデメリットを知っておこう

育毛剤のデメリットと言えばなんといっても副作用です。

比較的効果の見込める育毛剤であるミノキシジルやフィナステリドには次のような副作用に注意が必要です。

・ミノキシジル:アレルギー反応による頭皮の炎症、頭痛、不整脈、動悸など

・フィナステリド(プロペシア):性欲減退、勃起不全、精子の減少、下痢、腹痛、頭痛、肝機能障害など

これらの育毛剤は医薬品に分類されるので医師の処方が必要で自由に買うことができません。

一方、通販サイトで買える育毛剤は医薬部外品に分類され制限なく買うことができます。ただ、こちらも頭皮のカユミや発疹ができる可能性があります。

こういう風に書くと不安を感じるかもしれませんが、こういった副作用はごく一部の人に軽い症状で表れます。

ですからあまり心配する必要はありません。育毛対策で育毛剤を使ってみようかなと考えているのなら一応知っておきましょう。

リスクや効果を踏まえて育毛剤の選び方はこちらを参考にして下さい。

育毛剤の選び方 – 自分にあった育毛剤を見つけよう

↓↓育毛対策を始めるのならこの育毛剤を試すべきです 育毛剤

サブコンテンツ

このページの先頭へ