フィナステリド 画期的な飲む発毛剤

フィナステリドは新しいAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。

アメリカで前立腺肥大の治療薬として開発されましたが、発毛の効果も確認されたので発毛剤として転用されました。

これまでの薄毛治療薬はほとんどが頭に塗るタイプの薬でした。市販の育毛剤も頭に塗るタイプばかりです。これに比べてフィナステリドは飲むタイプの薬です。

AGAによる薄毛は男性ホルモンが毛根に作用して進行します(AGAのよる薄毛)。フィナステリドはこの男性ホルモンの作用を妨げ、薄毛の進行を食い止める働きをします。

フィナステリドは世界初の「飲む発毛剤」として大きな注目を集めました。日本では2005年に厚生労働省に認可され、「プロペシア」という商品名で発売されました。

フィナステリドの効果

フィナステリドはどのくらいの発毛効果があるのでしょうか?日本で行われた臨床試験の結果を紹介します。

フィナステリドの1mg錠を1日1錠、1年間飲んだグループは58%の人に効果が見られました。一方、比較のためにブラセボ(偽薬)を飲んだグループで改善したのは6%だけでした。

その後、3年間試験を延長して経過を観察したところ、2年後には68%、3年後には78%の改善が見られ年とともに改善率がアップしました。

また、3年間服用し続けた患者の98%はAGAの進行が認められませんでした。

この結果からフィナステリドがAGAの進行を止めるのは間違いないようです。

副作用

フィナステリドは軽微ですが次のような副作用が約5%に認められました。しかし、薬の認可の支障となるほどのものではありませんでした。

  • 胃部不快感
  • 性欲減退
  • 性機能障害

ただ、女性は深刻な副作用が起こる恐れがあるので服用しないで下さい。

まずは育毛剤によるケアを

プロペシア(フィナステリド)は、ドラッグストアなどには売ってなく、病院(AGAクリニック)で処方される薬です。しかも保険が適用されないので全額自己負担しなければなりません。

薄毛が気になりだした段階なら育毛剤によるケアでもできる可能性があります。こちらのほうが手軽で費用も安いのでまずは育毛剤を試してみましょう。

最近、評価の高い育毛剤をチェックしてみる

半年~1年くらい試して効果を感じなければAGAクリニックで診察を受ければ良いでしょう。

↓↓育毛対策を始めるのならこの育毛剤を試すべきです 育毛剤

サブコンテンツ

このページの先頭へ