プロペシアの個人輸入について

飲む育毛剤として効果を発揮しているフィナステリドは、プロペシアという商品名で販売されています。

プロペシアは医薬品なので医師に処方して貰う必要があり、気軽にドラッグストアなどで買うことはできません。

ただ、通販サイトで個人輸入という形で手に入れることもできます。個人輸入のメリットには、

  • 日本の病院で買うより安い
  • 医師の処方がいらないので自由に買える

といったものがあります。ただ、注意も必要です。プロペシアが医薬品に分類され自由に買えないのは副作用の恐れがあるからです。

プロペシアの主な副作用は次のとおりです。

  • 性欲減退
  • 勃起不全(ED)
  • 精子の減少
  • 頭痛
  • 動悸
  • 肝機能障害など

その他にも偽物をつかまされるケースがあるなどのデメリットもあります。

こういった事態が生じても自己責任で誰も責めることはできません。プロペシアはいろいろとリスクがあることを承知した上で試しましょう。

体に異常を感じたらすみやかに医師の診察を受けましょう。

市販の育毛剤から試そう

薄毛対策をするなら段階を踏みましょう。いきなりリスクのあるプロペシアに飛びつくのは賢明ではありません。

市販の中にも効果のある育毛剤はあります。まずはこちらを試してみるのが良いでしょう。

一部で市販の育毛剤は効果がないと言われていますが、日本皮膚科学会が公開している男性型脱毛症診療ガイドラインでは育毛剤による対策を勧めています。

参考:脱毛症診療ガイドラインで薄毛対策を詳しく知ろう

育毛剤を半年ほど試してから効果がなければ次の対策を考えるというステップを踏むのが正しい手順です。

おすすめの育毛剤を見てみる

↓↓育毛対策を始めるのならこの育毛剤を試すべきです 育毛剤

サブコンテンツ

このページの先頭へ