育毛剤は低刺激なものを選ぶべきです

育毛剤に含まれている刺激的な成分としてはアルコールがあります。アルコールは肌のカブレや肌荒れを引き起こすことがあります。

このアルコールはユーザーを酔っ払わせたいわけではなく、育毛剤を使った時に爽快感を与えることを目的としています。

アルコールは蒸発しやすい成分で頭皮につけるとすぐに蒸発します。蒸発するときにスーッとするのでユーザーに育毛ケアしているという満足感を強く与えます。

育毛剤のCMでも爽快感をアピールする商品がありますよね。爽快感はユーザーへのアピールになるようです。

ただ、このアルコール自体には育毛効果はありません。爽快感を与えるためだけのものです。

育毛には全く影響はないどころか悪影響を与える恐れがあるのでアルコールが入っている育毛剤は選ばないほうが良いでしょう。

無添加の育毛剤を選ぼう

アルコールの他に、香料、保存料、石油系界面活性剤、パラペン、シリコンなどといった成分も直接育毛に役立つものではありません。これらを使っていない育毛剤があるのでそちらを使うべきです。

その育毛剤がどんな成分を使っているのかは育毛剤についている成分表で確認できます。ただ、細かい文字をチェックするのは大変です。どの成分がどういった働きをするのか調べるのも大変ですし。

低刺激の育毛剤を選ぶのなら「無添加」と書いてある育毛剤を選びましょう。無添加育毛剤には余分な成分は入っておらず低刺激です。

こちらで育毛評価の高い無添加の育毛剤をまとめています。返金保証や割引などの特典もあるのでぜひチェックしてみて下さい。

評価の高い育毛剤のランキングを見る

↓↓育毛対策を始めるのならこの育毛剤を試すべきです 育毛剤

サブコンテンツ

このページの先頭へ