医薬品と医薬部外品の育毛剤は何が違うのか

医薬品と医薬部外品はそれぞれ薬事法で定義されています。(それぞれの定義はこの記事の最後に載せています。)

これによると安全性が高く、作用が穏やかなものが医薬部外品で、効果は高いが副作用の恐れがあるものが医薬品とされているようです。

実際、医薬部外品は薬局や、ドラッグストアで自由に買えますが、医薬品を手に入れるためには医師の処方箋が必要となります。

育毛剤の医薬品と医薬部外品の区別もこれに当てはまります。効果が高いが軽微にせよ副作用の恐れがあるプロペシア錠剤は医薬品なので医師の処方箋が必要です。

一方、副作用の恐れがない育毛剤は医薬部外品に分類されているのでドラッグストアなどで買うことができます。

薄毛対策は医薬部外品の育毛剤から始めよう

効果を発揮させることだけを考えたら医薬品の方が良いですが、病院で診察を受けなければならないし費用も高いです。リスクは低いですが副作用が起きる可能性があります。

一方、医薬部外品の育毛剤は手軽に買えますし、費用も医薬品ほど高くありません。薄毛が深刻な状態でなければ医薬部外品でも効果が出る可能性はあります。

いきなり医薬品に飛びつくのではなく、まずは手軽な医薬部外品の育毛剤を試しましょう。それで効果がなければ医薬品を試すというステップが効率的です。

おすすめ育毛剤ランキングを見る

医薬品と医薬部外品の定義

医薬品の定義は次のとおりです。

  1. 日本薬局方に収められている物
  2. 人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物であつて、機械器具、歯科材料、医療用品及び衛生用品(以下「機械器具等」という。)でないもの(医薬部外品を除く。)
  3. 人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であつて、機械器具等でないもの(医薬部外品及び化粧品を除く。)

薬事法第1章 第2条より抜粋

医薬部外品の定義は次のとおりです。

次に揚げることが目的とされており、かつ、人体に対する作用が緩和なものであって機械器具等でないもの及びこれらに準ずるもので厚生労働大臣の指定するものをいう。ただし、これらの使用目的のほかに、前項第2号又は第3号に規定する用途に使用されることも併せて目的とされる物を除く。

  1. 吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止
  2. あせも、ただれ等の防止
  3. 脱毛の防止、育毛又は除毛

薬事法第1章 第2条より抜粋

育毛和尚のおすすめ育毛剤ランキングを見てみる

↓↓育毛対策を始めるのならこの育毛剤を試すべきです 育毛剤

サブコンテンツ

このページの先頭へ