育毛剤は意味がないのか

育毛剤には医薬品と医薬部外品の育毛剤があります。医薬品と医薬部外品の育毛剤は、育毛効果がある育毛剤であると厚生労働省が認めた証でもあります。ですから育毛剤に意味がないとは言えません。

参考:医薬品と医薬部外品の育毛剤は何が違うのか

しかし、これらの育毛剤を使えば絶対に髪が生えてくるわけではありません。育毛剤を使ってみたけど効果がなかった、さっぱり効かないという声はたまに聞きます。

育毛剤には相性がありますし、薄毛の進行段階によっても効果は変わってきます。かなり薄毛の進行した人が育毛剤で何とかしようとしてもなかなか大変です。

薄毛対策は早めに手を付けることが重要です。早い段階なら回復の余地も十分にあります。日本皮膚科学会が公開している男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)では、薄毛初期の人の対策に育毛剤によるケアをあげています。

薄毛が進行している人ならAGAクリニックでミノキシジルやフィナステリドを処方してもらうほうが良いでしょう。

薄毛が気になりだした段階の人は、こちらに評判の良い育毛剤をまとめていますのでこれらを使ってケアしてみましょう。

育毛和尚のおすすめ育毛剤ランキングを見てみる

↓↓育毛対策を始めるのならこの育毛剤を試すべきです 育毛剤

サブコンテンツ

このページの先頭へ