育毛剤と発毛剤は違うのか?

よく聞くのは育毛剤ですがたまに発毛剤という言葉も聞きます。これらはどう違うのでしょうか。育毛剤と発毛剤は次のような使い分けられています。

  • 発毛剤:医薬品:髪の抜けた毛穴から発毛を促す
  • 育毛剤:医薬部外品:抜け毛を予防して、髪の成長を促す

新しく髪を生やすのが発毛剤で今生えている髪を太く育てるのが育毛剤という分類ですね。医薬品と医薬部外品という分類でも分けられています(医薬品と医薬部外品の違いは?)。

新しく髪を生やす発毛剤の方が効果を期待できますが、その分副作用のリスクも高くなっています。そのため医師の診察を受けないと手に入れられない医薬品というカテゴリに分類されています。

一方、育毛剤はほとんど副作用の恐れがありません(育毛剤って副作用があるの?)。

厚生労働省が認可した医薬部外品に分類されているので効果も期待できます。これから薄毛対策を始めるという人はまず、育毛剤で対策を始めましょう。

こちらのページで評価の高い育毛剤を紹介しています。ぜひ試して下さい。

評価の高い育毛剤のランキングを見る

↓↓育毛対策を始めるのならこの育毛剤を試すべきです 育毛剤

サブコンテンツ

このページの先頭へ