育毛剤と育毛シャンプーは何が違うのか

育毛対策といえばまず思いつくのが育毛剤でしょう。しかし、育毛について詳しくになるにつれ育毛シャンプーというジャンルがあることに気がつきます。

育毛するならこの育毛シャンプーも必要なのでしょうか?

育毛シャンプーの役割

薄毛の原因にはいくつかありますが、育毛剤は配合している成分で薄毛を改善しようとするものです。

育毛剤の選び方 – 自分にあった育毛剤を見つけよう

それに対して育毛シャンプーは主に頭皮環境の改善に役立ちます。例えば、頭皮が脂ぎっている人は皮脂の過剰分泌が原因です。

そのままだと炎症による脱毛症になる恐れがあります。そのとき育毛シャンプーで洗髪することで皮脂を洗い流し適切な皮脂量に調整します。

また、頭皮が乾燥しがちな人はフケ症による脱毛症になるかもしれません。そうした時に育毛シャンプーを使えば頭皮を保湿し乾燥を防ぎます。

ただ、育毛シャンプーは成分を洗い流してしまうのであくまで補助的な役割です。育毛シャンプーだけで薄毛が改善することはかなり難しいでしょう。

男性薄毛の原因のほとんどは男性型脱毛症によるものです。上の皮脂や乾燥によるものではないので育毛シャンプーはあまり関係ありません。

育毛剤によるケアをサポートする意味で育毛シャンプーを使うのなら構いませんが、育毛対策の柱にするべきは育毛剤です。

日本皮膚科学会も男性型脱毛症診療ガイドラインで育毛剤による対策を推奨しています。

こちらに評価の高い育毛剤をまとめているので参考にして下さい。

おすすめ育毛剤のまとめを見る

↓↓育毛対策を始めるのならこの育毛剤を試すべきです 育毛剤

サブコンテンツ

このページの先頭へ