育毛剤って副作用があるの?

育毛剤には医薬品と医薬部外品の2種類があります。医薬品は効果が期待できますが、副作用の恐れがあります。そのためほとんどの医薬品は医師の処方が必要で自由に買うことができません。

それに対して医薬部外品は医薬品より効果は落ちますが、副作用の恐れがほとんどありません。そのため、薬局やドラッグストアなどで自由に買うことができます。(医薬品と医薬部外品の違い

医薬品であるプロペシア錠(フィナステリド)やミノキシジルの育毛剤には次のような副作用が確認されています。

プロペシア:性欲減退、勃起不全、精子の減少、下痢、腹痛、頭痛、肝機能障害など

ミノキシジル:アレルギー反応による頭皮の炎症、頭痛、不整脈、動悸など

一方、医薬部外品の育毛剤でも、頭皮の炎症やカユミといった症状が表れることがあります。

こう書くとどのタイプの育毛剤も危険なように思えてきますが、医薬品の副作用は多くの人に起こるものではありませんし、起きてもそこまで深刻なものではありません。医薬部外品の方も症状が表れることはまずありません。

ただ、薄毛対策を始めるのなら副作用の恐れがほとんどない医薬部外品の育毛剤から始めるのが良いでしょう。

費用も手間もこちらの方がかかりません。こちらのページで紹介している育毛剤は評価が高く、返金保証もあるので万が一肌に合わなかったらお金が戻ってきます。

それで効果を感じなければ医薬品へという流れがおすすめです。

おすすめ育毛剤ランキングを見る

↓↓育毛対策を始めるのならこの育毛剤を試すべきです 育毛剤

サブコンテンツ

このページの先頭へ