育毛剤は安全性を確保しているのか

結論からいうと育毛剤は安全性を考慮して作られています。ですから安心して試して下さい。

ただ、安全といっても製品によってリスクの高低があります。このリスクは製品の効果と比例します。

医薬品の育毛剤

比較的リスクが高いのがミノキシジルやフィナステリドといった成分が配合されている医薬品に分類される育毛剤です。

これらの成分により副作用としては、アレルギー反応による炎症や性欲減退、頭痛といったものがあります。特に女性がフィナステリドを内服することはタブーとされています。十分に注意しましょう。

医薬部外品の育毛剤

一方、医薬部外品の育毛剤はリスクが低いのでおすすめです。これらの育毛剤はまれに敏感肌の人に頭皮のカブレや湿疹等が起きる程度です。

育毛対策を始めるのならまずはリスクの低い医薬部外品の育毛剤から始めましょう。医薬品の育毛剤は、効果が高いですがほとんどが病院に行って診察を受けないと手に入れられません。費用も高いです。

それに比べて医薬部外品の育毛剤はネット通販で買えますし、費用も医薬品に比べて安いです。

効果があまりないから医薬部外品なんでしょ?と考える人もいるかもしれませんが、穏やかながら効果が見込まれるから医薬部外品に分類されているのです。全く効果が期待できないわけではありません。

手軽な医薬部外品の育毛剤からはじめて、効果が実感なければ医薬品の育毛剤を試してみるというステップが良いでしょう。

おすすめはこちらの育毛剤です。

おすすめ育毛剤ランキングを見る

↓↓育毛対策を始めるのならこの育毛剤を試すべきです 育毛剤

サブコンテンツ

このページの先頭へ