育毛剤の種類 育毛剤によって狙いは違う

完璧な薄毛治療というのは今のところありません。ですからいろいろな効果を狙った育毛剤が開発されています。

実際にドラッグストアなどに行くとたくさんの育毛剤が売られています。それぞれの育毛剤はいろいろな成分を配合して独自の製品を作り上げています。

これらの育毛剤はすべてが薄毛に対して同じアプローチをしているわけではなく、狙っているところは異なります。

育毛剤の種類

薄毛対策へのアプローチの仕方はだいたい4種類に分けられます。それぞれを紹介します。

毛母細胞を活性化させるタイプ

毛根にある髪を作り出す毛母細胞に作用し、髪の成長を促すことを狙った育毛剤です。次のような成分が配合されています。

配合成分:塩化カルプロニウム、アデノシン、t-フラバノン、サイトプリン、アルニカエキスなど

血行を促進させるタイプ

毛根へ栄養をたくさん届けるために頭皮の血行を促進することを目的とした育毛剤です。配合成分は次のとおりです。

配合成分:センブリエキス、トウガラシチンキ、ニンニクエキスなど

皮脂の分泌を抑制するタイプ

皮脂が過剰に分泌されると頭皮が炎症を起こして髪が抜けることがあります。このタイプの育毛剤は皮脂の分泌を抑えるための育毛剤です。次のような成分が配合されています。

配合成分:塩酸ピリドキシン、グリチルリチン酸、レンチン、オドリコ草エキス、硫黄など

男性ホルモンを抑えるタイプ

AGA(男性型脱毛症)を抑えるたことを目的とした育毛剤です。

配合成分:エチニルエストラジオール。スピロノラクトンなど


いくつかのタイプがある育毛剤ですが、一体どのタイプを選べばいいのでしょうか?自分にあった育毛剤の見つけ方はこちらの記事を参考にして下さい。

育毛剤の選び方 – 自分にあった育毛剤を見つけよう

↓↓育毛対策を始めるのならこの育毛剤を試すべきです 育毛剤

サブコンテンツ

このページの先頭へ