AGA(男性型脱毛症) 典型的な男性薄毛

日本の成人男性のうち約1300万人が自分が薄毛であると認識しています。これらの大半は男性型脱毛症によるものです。

男性型脱毛症はAGA(Androgenetic Alopecia)とも呼ばれます。この名前は薄毛治療のCMで聞いたことがあるかもしれませんね。

AGAは額が後退してくる、頭頂部が薄くなるなどの薄毛の症状が表れます。多くの場合、20代から薄毛が始まり30代、40代と年齢を重ねるにつれ薄毛が進行していきます。

早い年齢からはじまるものを若年性脱毛症と呼び、40代以降に進行する薄毛を壮年性脱毛症と呼びます。AGAはこの2つを合わせた総称です。

“脱毛症”というと病気のように感じますが医学的には病気ではないので現象として扱われます。

AGAに影響を与える要因

この男性型脱毛症は主に男性ホルモンが関連しています。テストステロンという男性ホルモンが毛根の近くで5αリダクターゼという酵素と結びつくとDHT(ジヒドロテストステロン)という成分になります。

このDHTが毛根にある男性ホルモンレセプター(受容体)と結合すると薄毛や細毛を引き起こしやすくなります。この男性ホルモンレセプターは前頭部や頭頂部の毛根に多くあって、後頭部や側頭部にはあまりありません。

前頭部や頭頂部で薄毛は進行しても後頭部や側頭部がフサフサな状態でなんともないのはこの男性ホルモンレセプターの数に違いがあるためです。

男性ホルモンレセプターの数は遺伝する

男性ホルモンレセプターの数には個人差があり、この数は遺伝の要素も大きく影響します。家系に薄毛の人がいるとその薄毛の体質を受け継ぎやすいです。

薄毛になりやすい遺伝子は80%の確率で母方から受け継ぎます。母方の祖父や親戚に薄毛の人が多い場合は本人も薄毛になる遺伝子を受け継いでいる可能性が高いです。

遺伝子検査キットを利用すれば自宅で自分の薄毛の傾向を簡単に知ることができます。

遺伝子検査でAGAの発症リスクを知ろう

薄毛かな?と気がついたら育毛剤によるケアが効果的です。こちらのページも評価の高い育毛剤をまとめているので、ぜひ試して下さい。

最近、評価の高い育毛剤をチェックしてみる

↓↓育毛対策を始めるのならこの育毛剤を試すべきです 育毛剤

サブコンテンツ

このページの先頭へ