薄毛には様々な種類がある

日本人の多くが悩む薄毛ですが、一口に薄毛と言ってもその種類にはいくつかあります。

薄毛の種類によって必要な対策は違ってきます。薄毛対策を考えているのならまず自分の薄毛の原因を把握する必要があります。

間違った対策を一生懸命やっても効果は表れませんからね。

薄毛の種類

AGA(男性型脱毛症)

AGAは男性ホルモンの影響で生え際が後退したり、頭頂部が薄くなる症状です。主に男性に表れる症状で、20代から薄毛の進行が始まり年齢とともに薄毛が進行していきます。

下のような髪の状況になったらAGAによる薄毛が進行している可能性があります。

  • 髪が細くなり、コシがなくなってきた
  • 生え際が後退してきた
  • 頭頂部が薄くなってきた
  • 抜け毛が多くなってきた(1日200本以上)

男性の薄毛の8~9割はAGAによるものです。薄毛かな?と感じたらまずAGAを疑いましょう。AGAの場合は、育毛剤によるケアをおすすめします。

育毛和尚のおすすめ育毛剤ランキングを見てみる

円形脱毛症

体の免疫機能に異常が生じて、自分で自分の体を攻撃する自己免疫性疾患によるものだと考えられています。体が誤って毛根を攻撃してしまうために抜け毛が生じます。

はっきりした原因は明らかになっていませんが、強いストレスによって引き起こされると言われます。

一般的な円形脱毛症は硬貨サイズの円形の範囲で脱毛が起きます。これを単発型といいます。その他に単発型が複数表れる多発型や、ほとんどすべての髪の毛が抜けてしまう全頭型といったタイプの円形脱毛症もあります。

こういった円形脱毛症はストレスがなくなるといずれ生えてくるケースが多いです。

栄養不足による脱毛

行き過ぎたダイエットを行うと髪を作るのに必要な鉄分や亜鉛が不足し、脱毛が起きます。このケースは十分な栄養を取れば回復します。

炎症型脱毛症

カラーリング剤などの刺激性液体が頭皮にかかると炎症を起こし脱毛するケースがあります。その他に皮脂が過剰に分泌されて、それにより炎症が起きて脱毛することもあります。炎症型脱毛症の場合は、皮膚科に相談するのが良いでしょう。

↓↓育毛対策を始めるのならこの育毛剤を試すべきです 育毛剤

サブコンテンツ

このページの先頭へ